にきびの治療 生活習慣

にきび 治療
Pocket

生活習慣が乱れると大人ニキビが出来やすくなります。

夜更かしが続いて睡眠不足になると、身体や肌には負担になります。

寝ている間、身体は全身の回復を行いますが、睡眠時間が短いと充分な回復ができなくなります。

その結果、にきびが出来やすくなり、出来たニキビは治りにくいという悪循環に陥ります。

ヒトが必要とする睡眠時間がとれないと、ホルモンバランスもみだれてさらに悪循環となり、にきびの症状も悪化します。

生活習慣の睡眠不足が原因かもしれない大人ニキビの場合は、毎日の睡眠をしっかりとることで改善できるでしょう。

関連記事
  • ニキビの治療 食生活

    一人暮らしを始めたり、仕事が忙しくて帰宅時間が遅くなったりすると、外食が多くなります。コンビニ弁当やお惣菜、インスタント食品を利用するヒトも多くいます。デザート ...

    2014/11/21

    にきび 治療

  • にきびの治療 ストレス

    ストレスによってホルモンバランスが乱れることが、にきび原因の一つであるといわれています。日常生活の中で様々なストレスを感じる現代ですが、いかにストレスを解消する ...

    2014/11/17

    にきび 治療