鼻のニキビが治らない方へ続き

Pocket

身体の内側に必要な栄養分を摂取し、中からニキビケアをサポートすることも有効ですので、ビタミンCなどのサプリメントを摂取することもおすすめです。
ニキビが赤いうちは、洗顔で刺激することを控え、赤みがなくなったら低刺激の洗顔料で、洗うようにしましょう。
ニキビが出来てしまう場所、治らない場所というものは、皮脂が多く、皮膚の中でも脂っぽい場所です。
そこへ、油分の強い化粧品を使うと、余計にニキビが発生してしまいますので、油分の少ない化粧品、かつ、保湿力が高いものでケアしておきます。
ニキビが治らないのは肌の乾燥も原因のひとつとなっていますので、保湿はしっかりと行ないましょう。
そして、鼻のニキビを改善するには、毛穴パックや、ピーリング剤など、肌に負担を与えるものは使わないようにしましょう。
毛穴が汚れていることが、ニキビの原因と考え、毛穴パックで汚れを取ろうと思う方も多いでしょう。
確かに、皮脂分泌が多いから、ニキビが治らないのですが、ニキビで肌が弱っているところに、強い刺激を与えるようなシートパック、ピーリング剤はよくありません。
汚れが取れてすっきりしますが、せっかく改善に向かっている皮膚を剥がすようなことはしないほうがよいでしょう。
鼻のニキビを繰り返えさないためにも、刺激が強いことは行なわないようにします。
もちろん、ニキビが治った後でしたら、普段から出来る毛穴のケアとしてシートパックやピーリングをしてもオッケーです。
鼻のニキビが長い間、治らないという方は、以上のことに気をつけて正しいケアをしてみてください。

コメントは受け付けていません。