食生活

Pocket

さまざまな予防方法を紹介しましたが、結局のところ、大人にきびができる男性の多くは、食生活が乱れています。
昼間からお弁当の惣菜のコロッケや唐揚げなどを食べたり、食後や仕事中にもコーヒーを何杯も飲んだり、打ち合わせ、外回りなどの後には間食したり、遅くまで残業したときには夜食を食べたり、食生活は乱れています。
1人暮らしの男性の場合にはなおさらです。
家でご飯を作って待っていてくれる人がいるわけでもない、何時まで仕事をしようが周りには関係ない。
こうした状況で毎日決まった時間に夕食をバランスよく食べるのはかなり難しいです。
しかしこのような食生活は、大人にきびができるだけではなく、健康的にもいいことではありません。
大人にきびができるということは、不摂生をしているという現れです。
大人にきびができた男性は、特に意識して自分の食生活に気を配る必要があります。
朝食はきちんと食べる、1日3食しっかりと食べるようにする、間食は控えるようにする、毎日これを意識するだけでもかなり改善されると思います。
積極的に摂った方がいい食材をいくつか挙げておくと、ヨーグルト、納豆、卵、のり、レバー、さんま、さば、レバー、さつまいもです。
これらにはビタミンBがたくさん含まれていて、肌の調子を整える働きがあります。
他には既にできてしまった大人にきびを治す効果のある食材として、いちご、キウイ、オレンジ、パパイヤなどにたくさん含まれるビタミンC、かぼちゃ、ほうれん草、アーモンドなどにたくさん含まれるビタミンEがあります。
血行を促進して、肌の回復効果をアップして、ストレスを解消することができます。

コメントは受け付けていません。