背中の大人ニキビについて

Pocket

大人ニキビの中でも背中にできるニキビの原因は、毛穴に皮脂や汚れなどが詰まることにあります。背中は、顔と違って手が届きにくい部分なので、自分ではちゃんと洗っているつもりでも、洗えていないところが多いことがあります。そのため、お風呂で体を洗う時は、背中もきれいに洗えるように、意識して洗ってください。
背中には、汗を分泌する汗腺が多いため、暑い時期などには、背中から汗が出やすくなります。そのため、背中もしっかり洗わないと毛穴に皮脂などが詰まり、大人ニキビができやすい環境を作ってしまうので気をつけてください。
また、髪の長い方に特に気をつけてほしいことは、シャンプーやリンス、トリートメントなどをすすぎで十分に流しきれず、洗い残してしまうことです。
中には、わざとリンスやトリートメントを残して流さないという方もいるようですが、リンスなどは髪の毛に対しては良い効果があっても、皮膚にも良いとは言えません。シャンプーやリンスが髪に残っていると、その成分が背中の皮膚の毛穴につまり、それが原因で大人ニキビができてしまいます。
シャンプーなどが原因でできる背中ニキビは女性に多いことですが、男性の背中にできるニキビの原因は、洗う際に力を入れすぎていることです。ゴシゴシと背中を洗うと、皮膚が傷ついてそこから細菌が入り、炎症を起こして大人ニキビができてしますのです。皮膚の汚れは力を入れなくても落ちるので、背中を洗う時は気を付けて洗ってください。

コメントは受け付けていません。