背中とおしりのニキビ続きその2

Pocket

背中のニキビが治らないのは、界面活性剤が入ったシャンプーを使っていることも原因になるケースがあります。
界面活性剤が入ったものは刺激が強いため、背中のニキビが治らない方には不向きです。
低刺激で身体に優しいアミノ酸系のシャンプーを使いましょう。
それから、臀部のニキビを繰り返してしまう、なかなか治らない、という方は、まず、おしり部分の通気性をよくすることで改善できるでしょう。
おしりも背中同様に、皮脂の分泌が多い場所です。
また、おしりは角質が厚いですから、毛穴が詰まりやすい場所でもあります。
そして、床やイスに座った場合など、常に、服と皮膚との摩擦を受ける場所でもありますし、汗もかいています。
おしりの汗をまめにケアするという人もいないでしょうし、座ることでの肌へのダメージ、圧迫、蒸れなどから、ニキビが発生しています。
座りっぱなしでいる方は、特に、汗をかいたまま放置していることになりますので、通気性のよい下着や服を着るなどの工夫が必要でしょう。
また、下着を常に清潔にしておくことも大事ですし、入浴の際に背中と同じく、丁寧におしりも洗浄するようにします。
ニキビが治らないような不衛生な状態にしておかないようにしましょう。
おしりは角質層が固く、特にニキビ跡が残りやすい場所ですから、ニキビが出来てしまったら、潰さないようにし、薬などでケアすることも大事です。
そして、ニキビが新たに発生しないように、背中やおしりを清潔に保つように、日々のケアも忘れないようにしましょう。

コメントは受け付けていません。