背中とおしりのニキビ続きその1

Pocket

背中のニキビが出来やすい方、出来てしまうと、治らないという方は、背中に雑菌が繁殖しないように気をつける必要があります。
目に見えない場所でわかりにくいのですが、背中はわりと汗をかきやすい場所でもあります。
汗をかきやすいということは、体の中でも、より多くの皮脂が出ているということになりますが、顔と違い、まめに背中の汗を拭いたり、シートなどで皮脂を拭き取ったりすることはありませんよね。
また、お風呂で身体を洗う際も、手が届きにくいため、背中を念入りに洗う方も少ないと思います。
このように本来ならば、皮脂分泌が多く、まめなケア、丁寧な洗浄を必要としている背中ですが、それを放置している方も多いのです。
そのせいで、菌が繁殖しやすくなっていることが、背中のニキビの大きな原因のひとつです。
また、身体を洗ったり、頭を洗ったりした際の、泡の流し落としが十分にできていないため、背中に石鹸カスなどが残りやすいこともあげられます。
背中は面積も広く、汚れが残りやすい部分で、さらに自分では確認することができないため、不衛生になりがちですから、ニキビが治らない原因となっています。
ですから、背中のニキビを改善するには、身体を洗う際、しっかりと背中まで洗浄し、泡などが残らないように十分にシャワーで洗い流すことです。
洗浄と言ってもゴシゴシ洗いは肌にダメージをあたえ、すでにあるニキビを潰してしまう可能性がありますので、ソフトなスポンジなどを使って優しく洗いましょう。
ブラシでも、毛が柔らかい刺激の少ないボディブラシがおすすめです。

コメントは受け付けていません。