近年は女性の喫煙者も増えて、女性向けのタバコも多くなってきました。
タバコには依存性があり、一度はじめるとなかなかやめられません。
精神的な安らぎを得る効果もあるので、生活と切っても切れないものとなっている女性も多いと思われます。

にきびに悩む女性で喫煙者の方は、本数を減らすなどして摂取するニコチン量を控えることをおすすめします。
やめることは無理でも、徐々に本数を減らしていきましょう。
たばこにはニコチンとタールが配合されており、この成分が体内の毛細血管を収縮させます。
血管が収縮すると血行が悪くなり、毛穴を硬くしてしまい、にきびの回復を妨げてしまうのです。

また、体内のビタミンCも大量に破壊してしまいます。
ビタミンCのは抗炎症作用があるため、ビタミンCが不足すると体内の炎症を抑えられず、にきびの進行を進めてしまいます。

ほかにもコラーゲンの置換を手伝ったり、皮膚にとって不要な酸素と結合したり。
ビタミンCはお肌にとってとても大切な栄養分ということがわかりますね。
こんなビタミンを、たばこは大量に破壊してしまうのです。

たばこがお肌に良くないのは、簡単にわかりますよね。
にきびの出来ない健康なお肌を目指すためにも、出来ればたばこは控えたいものです。
喫煙はお肌に悪いだけでなく、重大な病気の原因になったりもします。
肺がんや脳卒中の主要な原因にもなってしまい、将来子供を生む可能性のある女性にとって、喫煙は大敵です。

お肌にとっても、体にとっても、たばこは吸わないに越したことはありません。
効果的な禁煙もしくは減煙方法を考えて、なるべく実践するようにしましょう。