生理前の大人ニキビ

Pocket

生理前になると、どうしても大人ニキビができてしまいます。
生理前にできる大人ニキビは、生理周期によって一時的にホルモンバランスが崩れることによります。そのため、生理による大人ニキビは、悪化させなければ自然と落ち着いてきます。
生理前になるとニキビができてしまうということは、肌がニキビのできやすい環境になっているか、気づかないうちに隠れニキビができているのかもしれません。また、ニキビができても正しいお手入れをしないと、悪化させてニキビが治りにくくなったり、繰り返しできるようになったりしてしまうことがあるので注意しなければいけません。
生理前にできる大人ニキビを悪化させる原因を挙げます。
・顔が脂っぽくなってテカリが気になってくると、皮脂を無理やり取り除こうとしてしまいます。皮脂を取り除き過ぎないように、洗顔料を選ぶ際は、毛穴の奥まできれいに洗えるものにすると良いでしょう。
・間違った脂症肌のケアをすると、肌が逆に乾燥しやすくなって、今度は乾燥肌になってしまいます。 乾燥肌になると毛穴に古い角質が詰まってしまったり、バリア機能を低下させて肌荒れを起こしたり大人ニキビができたりしてしまいます。
・ニキビが気になるとなんとなく触ってしまうことがあると思いますが、そうすると化膿することがあります。汚い手でニキビを触ったり、ニキビの芯を無理につぶして出したりするなどすると炎症を起こすこともあります。
このようなことに注意して、毛穴の汚れや古くなった角質や、余分な皮脂を洗顔料で洗ったら、保湿を十分に行うようにしてください。このことを毎日守るだけでも、ニキビは生理の終わり頃に改善するでしょう。

コメントは受け付けていません。