漢方薬の種類

Pocket

主に大人にきびの治療につかわれる漢方薬を何種類か紹介していきます。
<清上防風湯>
炎症を抑え、化膿しにくくする清熱解毒という治療方法。
普通よりも体力のある人、男性に有効な漢方薬。
赤みのある、化膿した男性タイプのにきび、脂性肌の人に有効。
顔の熱、炎症をとって、にきびの原因菌を発散させます。
繰り返しできるにきびに効果的。
<当帰芍薬散>
血行促進、体を温め、ホルモンのバランス調整をする効果がある漢方薬。
痩せ型、体力のない女性に使われる。
大人にきび、冷え性、生理不順、乾燥肌、貧血、肩凝り、ホルモンのバランスの乱れ、更年期障害などに有効。
にきびによって傷ついた皮膚表面をなおして、バリア機能を高めることができます。
<加味逍遥酸>
血行促進、体を温め、冷え性改善、新陳代謝促進、ホルモンのバランス調整をする効果がある漢方薬。
体の血流を良くして上半身の熱を発散、ホルモンのバランス調整をして大人にきび、肌荒れなどを改善していきます。
ストレス性のにきびに対してもよく使われます。
男性に多いのが仕事関係、職場の人間関係、就職、転職など社会との関わりによって多くのストレスを抱え、その結果大人にきびができるというもの。
こうしたストレスをためやすい人には、この漢方薬がおすすめ。
<荊艾連翹湯>
体の熱、腫れをとり、血流を良くして、皮膚の炎症を抑える効果のある漢方薬。
赤いにきび、化膿にきびを繰り返す人に有効。
血行が悪い人、浅黒い人、目の下にくまのある人に効果的。
<黄連解毒湯>
不眠症、ストレスなどによる大人にきびに効果的。
口からあごにかけてにきびがよくできる人におすすめ。
口の周辺が赤くて熱を帯びている感じがあったり、にきびと口内炎の両方ができていたりする場合に有効。
体の熱、炎症をとって、機能亢進を鎮めることができます。
漢方薬は、1日に2回から3回、食前や食間の空腹時に飲むのが一般的です。
症状などによって違うこともありますから、医師の指示に従ってください。

コメントは受け付けていません。