漢方によるニキビ治療

Pocket

それでは漢方によるニキビ跡治療について入りましょう。
そもそも、漢方とは何か、どのようなときに使うのかをご存知ですか。
漢方薬を中国の医療だと考えている方が多いですが、現在日本で処方されている漢方薬は、昔中国医学を輸入した日本人によって作られた、日本人に合った日本の薬です。
また、中国では漢方の成分を、素材そのままで取り引き、購入することが一般的ですが、日本ではすでに粉末状にしたものをさらに飲みやすいように加工し、粒状にしたものが売られています。
そのため、現在では日本の漢方薬は欧米でも人気が高いのです。
漢方薬に対して存在するのが西洋薬です。
少し例として前述しましたね。
西洋薬と聞くと何かわからないという方もいらっしゃるかもしれませんが、一般的に病院にかかって処方される薬が西洋薬です。
この病気にはこの薬、というようにその病気にかかればどんな体質の人でも同じ薬を飲みます。
しかし、漢方薬は違います。
その人の体質によって処方する漢方、成分が違います。
そのため、同じ病気にかかっていても、人によって薬が違うということは何も不思議ではありません。
そして誤解があるといけないのですが、漢方薬に即効性はありません。
そのため、飲んだからといってすぐ治るわけではありません。
また、ニキビ跡対策として漢方を使用する場合ですが、正確にいえば漢方を飲んだからといってニキビ跡が消えるのではありません。
なぜそもそもニキビ跡ができるかといえば、ニキビが繰り返しできることによってできてしまうのです。
そのため、そのもととなるニキビを予防することを目的として服用することになります。
さて、それではニキビに効く漢方についてですが、黄連解毒湯(おうれんげどくとう)や十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)などがあります。
黄連解毒湯は消炎や沈静、解熱の効果があります。
他にも頭痛やイライラの解消などにも効きます。
十全大補湯は痩せた人や皮膚にハリがない人に用いられる漢方で、衰弱や貧血などにも用いられます。
当帰芍薬散は肌荒れや貧血、冷え性などに用いられる漢方で、生理痛で悩まれる方で服用されている方もいます。
ですが、漢方はさまざまな種類があり、素人目では判断できません。
病院等にかかり、専門家の指示を仰いで治療するようにしましょう。

コメントは受け付けていません。