洗顔石鹸と洗顔フォーム

Pocket

ニキビを予防する上で欠かせないのが日々の洗顔。近年は開発が進み、市販のニキビ用石鹸も登場しています。ニキビ用石鹸は大体が洗顔石鹸という部類に入るのですが、洗顔料は大きく二つの種類にわけられます。それは、「洗顔石鹸」と「洗顔フォーム」。「固形と液体の差でしょ?」と勘違いしがちですが、正確な定義はそうではありません。含まれる成分によってわけられるのです。
結論から言うと、洗顔石鹸の方が圧倒的に肌に優しいです。理由は成分の違い。では、どう成分が違うのかというと、洗顔フォームには「合成界面活性剤」という肌に非常に悪い成分が含まれているんですね。それも大量に。肌のケアをしている筈が、肌を悪化させる要因となってしまうのです。
この合成界面活性剤は、化学物質です。聞いたことや見たことがある方もいると思いますが、合成界面活性剤は、食器用洗剤などに含まれる成分です。油っこい食器をツルツルにしたり、ベタベタな汚れもサッと落とせる便利な商品ですよね。では、それを肌に塗ったらどうでしょう。あれほど強力に落とす力が全て肌にかかります。皮脂は流れ落ち、角質も剥がれ、洗顔後の肌はなんのバリアもない状態。必要以上に落としてしまうため、ガサガサになり乾燥肌を招きます。肌のターンオーバーも遅くなりますし、ニキビもできやすくなってしまいます。つまり、肌にとっていい事が何一つないのです。
その反対に、洗顔石鹸という名称の物は、合成界面活性剤を使用されていないので肌に優しいです。ニキビ用石鹸と売られていても、合成界面活性剤が使用されているものもあるので注意しましょう。これから洗顔料を選ぶ際は、洗顔石鹸から選ぶと良いですね。

コメントは受け付けていません。