洗顔をする際の注意点

Pocket

ニキビを治したい一心でとても効果がありそうなニキビ用石鹸を購入しても、正しく洗顔を行っていなければせっかくの効果も半減してしまいますね。もちろんニキビを早く治すことに、ニキビ用石鹸がどのような成分で作られていて、自分の肌との相性がいいかはとても重要なポイントになりますが、洗顔方法にしても同じくらい重要です。できる限り肌に負担をかけない、優しい洗い方を意識しましょう。
まず、肌にぬるま湯をかけて毛穴を開かせるのですが、その前に手洗いをしてください。日常で頻繁に使う手は、こまめにアルコール消毒でもしない限り、結構な雑菌だらけです。開いた毛穴に雑菌が入っては元も子もありませんから、手洗いは忘れず行いましょう。
ぬるま湯で毛穴を開かせたら、洗顔料を手に取りしっかりと泡立てます。この泡により、毛穴の奥に泡が入り込み、詰まりや老廃物をかきだしてくれます。そこで、よく毛穴の奥に入り込むようにと手でゴシゴシとすり込んではいけません。それでは肌に負担がかかってしまうため、泡を優しく円を描くようにして手のひらで回しましょう。皮脂の分泌が多い、おでこのTゾーンと鼻を先に洗ってあげると、しっかり落とすことができます。
あとは洗い流すだけなのですが、この時の水温に注意。はじめに行った毛穴を開かせる時の温度と同じくらいのぬるま湯で洗い流しましょう。冷たすぎると毛穴が閉じてしまうため、せっかく浮かせた汚れを閉じ込めてしまうことになりますし、熱すぎても必要な皮脂が落ちてしまい乾燥肌を招いてしまいます。人肌程度に温めたぬるま湯で、洗い残しのないようにしっかり落としましょう。
以上の点に注意をし、早くニキビを治しましょう。

コメントは受け付けていません。