治療方法

Pocket

実際に大人にきができてしまった男性は、どのように対処して、治療したらいいのでしょうか。
大人にきびの治療方法について説明します。
まだ初期段階の大人にきびならば、放っておいてもそのまま治る場合があります。
しかし放っておいた結果、腫れたり、化膿したりして悪化するケースもあります。
男性の場合は、女性と違いお肌に気を使う人が少ないので、つい放置して悪化させてしまう人が多いです。
正しく対処して、適切な治療方法を選び、にきび跡が残らないように治していきましょう。
<治療方法>
・「ケミカルピーリング」→皮膚科で治療してもらう方法。
肌にピーリング剤を塗って、皮膚表面にある角質を溶かしてはがしていくものです。
肌自信が持つ力、ターンオーバーを利用して、肌の再生をさせる方法。
・「ビタミンC誘導体」→にきびで色素沈着した肌に効果的で、ビタミンC誘導体入りのローションなどを肌につけることで、皮脂分泌を抑える効果、美白効果が期待できます。
赤黒いにきびに特に効く方法。
・「内服剤」→皮膚科では、にきび治療に内服剤を服用するケースがあります。
にきびを改善していくことはできますが、直接にきびに働きかけるわけではないので、劇的効果は期待できません。
皮脂分泌を抑える、毛穴に雑菌が入り込んだ際に化膿しないように予防できる、炎症を食い止めるなどの効果があります。
・「漢方薬」→最近増えてきた治療方法、皮膚科で処方されることもあります。
体質改善をして、大人にきびの原因となった不調箇所へ働きかけます。

コメントは受け付けていません。