日常生活において

Pocket

日常生活についても気をつけることがあります。
ニキビを治す方法としても、予防する方法としても効果的です。
薬を使ってすでにできてしまったニキビを治しながら、今後ニキビができにくいように日常生活を見直していきましょう。
ポイントとなるのは、「食生活」「お手入れ」「身だしなみ」「睡眠」です。
「食生活」…普段から外食の多い生活をしていると、脂質や糖分などを過剰摂取しがちです。
脂質、糖分を摂りすぎると、皮脂分泌が活性化してニキビができやすく、さらに悪化しやすくなります。
栄養バランスを考えて、食事を摂るようにすることが大切です。
またコーヒー、アルコール、たばこなどの刺激物は体にストレスを与えてビタミンCを消耗させて肌の修復力が衰えてしまうので控えめにしてください。
「お手入れ」…1日2回朝夕によく泡立てたせっけんで洗顔をして皮脂を落とします。
洗顔後には化粧水などでしっかりと保湿してください。
ファンデーションは皮膚呼吸の妨げとなり皮脂排出の邪魔をします。
帰宅したら早めに化粧を落とすようにしてください。
運動などで汗をかいたときにはすぐにタオルで拭く、シャワーで流すなどして清潔に保ちましょう。
「身だしなみ」…髪の毛がニキビに触ると不衛生、さらに刺激してニキビが悪化します。
おでこなど髪の毛が触れる場所にできた場合には、前髪をあげるなどして工夫しましょう。
「睡眠」…夜更かししていると肌の新陳代謝が活発になるゴールデンタイムを逃してしまいます。
睡眠時間をしっかりととって肌のサイクルを正常に保つことでニキビを治す近道になります。

コメントは受け付けていません。