思春期のニキビ

Pocket

大人のニキビと思春期のニキビでは、でき方も治す方法も異なります。
思春期のニキビは、学生の頃主におでこや鼻などのTゾーンにできます。
10代の成長期にはホルモンの働きも活発になってくるため、皮脂分泌も活発に行われます。
そのためニキビができやすい状態になるのです。
思春期のニキビの原因は、ホルモンの働きと皮脂分泌によるものなのです。
10代の成長期にホルモンの働きが活発になるのは当たり前のことです。
ですからこの時にニキビができるのは当たり前のことです。
慌てずに間違った方法で対処しないように、正しくケアをしてニキビを治すようにしていきましょう。
正しいケアを知らずに、できたニキビを潰してしまう人がいます。
絶対にやめてください。
思春期のニキビに対して効果的に治す方法、予防方法を紹介していきます。
まずは予防方法から、皮脂分泌が特に活発に行われている思春期、肌を常に清潔に保つことが大切です。
洗顔をして汚れ、余分な皮脂を洗い流しておきましょう。
日常生活においても、脂っこいものを食べ過ぎないように注意したり、早寝早起きをしたりして規則正しい生活をする必要があります。
また思春期は様々なストレスを抱えやすい時期です。
ストレスを抱えると、肌荒れ、ニキビの原因となります。
積極的に子供と接して悩みを聞き、ストレスを和らげてあげることも大切です。
洗顔、日常生活など日頃のケアだけでは治らない場合は、医療機関を受診して専門医に相談するといいと思います。
思春期のニキビは正しく治療すれば必ず治ります。
放置しないで、正しケアと治療を心がけましょう。
思春期のニキビケアについては、子供だけではできません。
親がしっかりとサポートしてあげてください。

コメントは受け付けていません。