大人ニキビは薬で治せる?

Pocket

大人ニキビというのは、れっきとした皮膚病の1種に入ります。そのため、病院で治療を受ける場合は、皮膚科を受診することになります。
病院で受ける大人ニキビの治療は、たいていの場合は、薬が処方されます。抗生物質の飲み薬やビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、それぞれの誘導体が含まれた飲み薬が処方されることが多いようです。抗生物質を長期服用すると心配なのが副作用についてですが、ビタミン類の特徴として、体への負担が少ないということなので、それほど心配はいらないでしょう。
塗り薬が処方される場合は、ニキビを悪化させるアクネ菌などを殺菌する作用のある抗生物質の1つ「クリンダマイシン」が配合されている塗り薬がたいてい処方されます。
最近では、薬局などでも、病院で処方される薬に成分が近い薬品が手に入るので、なかなか病院に行けない方は、一度、薬剤師に相談してみましょう。
でも、忘れてはいけないことは、皮膚科で処方される薬にしても、市販の薬品を使うにしても、大人ニキビになってしまった原因をよく知って、その原因に効果がある薬を使用しないといけません。
大人ニキビは薬さえ使えばそれだけで簡単に治るだろう、という考え方は大きな間違いです。自分の大人ニキビの原因を根本的に改善する方法で、正しいケアを習慣的に行うことが大切です。
このことを心がけて薬を使わないと、大人ニキビはなかなか良くなりませんし、逆に肌に負担をかけてしまいます。それをよく頭に入れておいてください。

コメントは受け付けていません。