大人ニキビの種類

Pocket

ニキビには症状によって、さまざまな種類があります。ここでは、ニキビの種類について紹介します。
「白ニキビ」は、初期のニキビで面疱(めんぼう)や「コメド」とも呼ばれます。毛穴の出口がまだふさがっていて、白や黄白色の小さなブツブツの状態であることから白ニキビと呼ばれています。
「黒ニキビ」は、白ニキビと同じように初期のニキビですが、白ニキビが少し悪化して毛穴が開いた状態です。ニキビの黒っぽい先端が毛穴から見えることから黒ニキビと呼ばれます。大人ニキビが白ニキビや黒ニキビの初期の状態なら、正しいケアをして毛穴を清潔にしていれば、炎症を起こさずにきれいに治すことができます。
「赤ニキビ」は、皮膚面が盛り上がった「丘疹」(きゅうしん)と呼ばれる炎症を起こしかけたニキビです。黒ニキビを放っておくと、皮脂が毛穴に詰まってアクネ菌が増え、炎症が起きてしまうことで赤く腫れてしまいます。
「黄ニキビ」は、赤ニキビがさらに進行した最もひどい状態で、黄色い膿が毛穴の中に溜まって化膿し、痛みを伴います。黄ニキビを治すためにニキビをつぶすと、また同じ所からニキビができてしまいます。さらに、膿を生じているため周りの皮膚が色素沈着になってしまったり、跡が残ったりしてしまいます。
大人ニキビができたら、黄ニキビになるまで悪化させないように、洗顔、保湿、ビタミンCの補給という正しいお手入れをして、肌を清潔な状態に保ちましょう。

コメントは受け付けていません。