大人ニキビの原因と治し方7(洗顔)

Pocket

大人ニキビの原因として、洗顔の仕方が間違っているということも挙げられます。
この場合のニキビの治し方は、正しい洗顔をすることに尽きるのですが、最近では、さまざまな雑誌やインターネットの美容サイトなどを見て、どのような洗顔をすれば良いか、という知識は多くのかたが持っていると思います。
にもかかわらず、ニキビが出来てしまったり、さまざまなトラブルが発生したりするわけです。
そもそも、雑誌に載っている洗顔方法や、インターネットで検索する洗顔方法は、あなたに合うものもあれば、合わないものもあります。
他のかたには良い方法であっても、別の誰かには不向きな方法ということが多々あるのです。
たとえば、そのひとつの例として挙げますが、大人ニキビが良く出来るかたは、顔の皮脂がその原因だと思い込み、何度も洗顔していることがあります。
もともと脂性肌のかたでしたら、なおさらです。
これは美容の常識とされていることで、脂っぽいお肌はニキビが出来やすいので、洗顔をしっかりとするように、とどこにでも書いてあるからなのですね。
もちろん、皮脂は洗い流さないで放っておきますと、埃がつき、細菌類も増え、酸化もして、どんどん汚れて、大人ニキビが出来やすい環境になります。
しかし、皮脂が出てくるたびに洗顔していたとしたら、お肌を保護してくれるものがなくなってしまい、バリア機能が低下してしまいます。
そういたしますと、お肌の内部まで色々なものが侵入してきますので、ニキビも非常に出来やすくなってしまいます。
また、皮脂を取れば取るほど、脳の方ではもっと出すようにと命じるため、洗っても洗っても出てきてしまいます。
さらに、洗顔の際に、ついごしごしと力が入っていませんか。
それもバリア機能を破壊してしまいます。
良く泡立てた洗顔フォームで、優しく洗います。
脂性肌でも朝晩の2回で充分です。
顔のてかりが嫌でしたら、途中、ぬるま湯だけで洗えば良いのです。
それでもぜんぜん違います。
これが大人ニキビのための洗顔法であり、ニキビの外部からの治し方でもあるのです。

コメントは受け付けていません。