大人ニキビの原因と治し方12(寝具の汚れ)

Pocket

大人ニキビが出来る原因として、見落としがちなのが寝具の汚れです。
顔は、皮脂が出てくるとすぐに洗顔したくなるほど清潔に保ちたいのに、なぜかしら寝具のほうは気を使っていないかたが多いのではないでしょうか。
眠りに入る前から、朝、起きるまでずっと仰向けのままで寝られる自信のあるかたはさておき、通常はどうしても横向きになったり、人によってはうつ伏せになったりするものですから、顔が寝具に触れている時間もけっこう長いことになります。
ということは、寝具が汚れていますと、いくらお肌だけ清潔にしていても、それもまた大人ニキビの原因になるということです。
寝具の中でも、とくにシーツと枕が問題になると思いますが、シーツと枕カバーを毎日のように洗濯しているご家庭はとても少ないと思います。
多くても2~3日に一度くらいでしょうか。
通常は一週間に一度くらいですか。
枕カバーは小さなものですから、もっと頻繁に行いますか。
しかし、横向きやうつ伏せで寝るクセがあるかたは、常に顔が触れていますから、顔から出る皮脂が枕カバーやシーツに吸い取られていることになります。
それが数日も続きますと、さすがに汚れてきますよね。
寝る位置というのも、毎日ほとんど変わらないですから、せっかく綺麗に洗顔した顔に、汚れを擦りつけるようなものです。
しかも、そうしていることに気付いているかたは少ないです。
この場合は、寝具を清潔にすることが、大人ニキビの治し方となりますので、心当たりがあるかたは、しばらく試してみると良いでしょう。
また、冬は布団で顔を覆って眠りに入るかたもいらっしゃいますから、その場合には、仰向けに寝るかたであっても、掛布団カバーの顔に当たる部分を清潔に保つようにしてください。
手間はかかりますが、洗濯するだけですので他の治し方よりはずっと簡単です。

コメントは受け付けていません。