大人ニキビが出来たならその治し方もとても重要ですが、それ以外に、これだけはやらない方が良いということもあります。

つい気になって何度も触ってしまったり、指先で潰してしまうことです。

あなたもやっていませんか。

これらは大人ニキビに限ったことではありませんが、思春期のニキビは比較的、痕に残らない場合も多いのですが、大人ニキビは残ってしまうことが多いため、これは特に声を大にして伝えたいと思います。

年齢が上であればあるほど、触って悪化させたり、潰してしまったニキビは確実にニキビ痕となって残ってしまいます。

たしかに、化膿したニキビの場合には、潰して中身を出してしまったほうが、早く治りそうな気がしないでもありません。

しかし、その時に指の細菌が感染してしまうなどして余計に悪化させることもよくあることですし、無理に中身を絞り出してしまうことによって、深く陥没した痕となって残ることすらあります。

このようになってしまってから後悔しても遅いですから、大人ニキビには極力、触らないようにしましょう。

また、ニキビが複数、出来ているのに、それにはお構いなしでお顔のマッサージをなさるかたもいらっしゃいます。

マッサージして血行を良くした方がニキビも治りやすいと思ってのことなのでしょうか。

ニキビの場所を避けてするのは良いですが、ニキビを触ることは絶対にしないほうが良いです。

さらに、大人ニキビが出来ているときに、顔剃りをするのも出来るだけ控えましょう。

どうしてもしなければならない理由があるのでしたら、ニキビの周囲を避けて行うか、電動式の剃刀を使用するようにしてください。

そういたしませんと、剃刀の刃でニキビを削ってしまったり、刃から細菌感染したりと、なにかと悪化の原因になります。

そのような事をしてしまうと、いくらおすすめの治し方を試してみても、ちゃんと治ってくれません。