大人にきびを防ぐ皮脂膜とは

Pocket

思春期のときにできるにきびは気になるものですが、大半の人は大人になるまでに治ってしまいます。
ですからある程度、にきびを治す方法を探したりもしますが、結局そのうちに自然と治ってしまったという人がほとんどでしょう。
しかし、大人にきびはそういうわけにもいかず、場合によっては跡が残ってしまう心配もあり、何とかして治す方法を知っておきたいところです。
ニキビケアの代表的なものに、「皮脂を取り除く」というものがあります。
特に思春期は皮脂が過剰に分泌されやすく、その流れで、大人になってからもその方法が有効であると考えている人も多いでしょう。
肌の表面には、皮脂膜と呼ばれるものがあります。
これは皮脂と汗、詰まり油分と水分からできています。
皮脂膜には、肌の水分の蒸発を防ぐ、肌にやわらかさやハリを与える、肌をなめらかにする、外的刺激から保護する、などの役割があります。
しかし、皮脂が余分にあると乾燥肌の状態になってしまい、結果として皮脂膜が弱くなってしまい、外的刺激をしっかりと防ぐことができなくなってしまうのです。
肌はなんとか外的刺激を防ごうと、皮脂を過剰に分泌することになるので、そこから皮脂が毛穴に詰まり、ニキビの原因となってしまいます。
大人にきびを改善するために必要なことは、保湿です。
肌が保湿されていれば、皮脂がうまくコントロールされ、毛穴に皮脂が詰まりにくくなり、肌のバリア機能もアップします。
それにより、大人にきびができないような肌になるのです。

コメントは受け付けていません。