大人にきびを防ぐための洗顔方法

Pocket

気になる大人にきびを治す方法として、重要なのは保湿です。
そのため、しっかりとした洗顔の方法を身につけましょう。
まず、毛穴を開かせるために、温まったタオルを2~3分間顔に当てます。
それから軽く汚れを落とすために、35~40度くらいのぬるま湯で顔を洗います。
そこに十分に泡立てた石けんを使って洗顔します。
体を洗う際にも、石けんは必ず泡立てるようにしてください。
このとき、泡を顔と手の間で滑らすようにし、あまり強くこすりつけないようにしましょう。
再びぬるま湯で洗い流し、キレイなタオルで軽く押さえるようにして水分を拭き取ります。
洗顔後は、化粧水やクリームなどで必ず保湿をするようにしてください。
これはオイリー肌の人でも、乾燥肌の人でも必須です。
大人にきびを治す方法は、まず毛穴をキレイにしておくことと、肌への保湿です。
正しい洗い方をして、その後に必ず保湿をするようにしましょう。
にきび肌の人は、無添加の石けんを使用することをお勧めします。
また、ボディソープの中には、洗浄力を強くするために界面活性剤を含んでいるものがあります。
界面活性剤は汚れを落とすのに強力な成分ですが、あまりに強すぎると肌に必要な皮脂まで洗い流してしまうので注意が必要です。
肌に必要な皮脂までが洗い流されてしまうと、より皮脂が溜まりやすくなってしまい、逆ににきびの原因となってしまいます。
せっかくにきびを防ぐために洗顔をしているのに、それが原因となってしまっては元も子もありません。
最後に顔を拭くタオルは、綿100%のものが肌にも優しくてお勧めです。

コメントは受け付けていません。