大人にきびに効果がある十味敗毒湯とは

Pocket

大人にきびの発生の原因のひとつとして、毛穴にある皮脂腺の活性化が挙げられます。
「アンドロゲン」と呼ばれる男性ホルモンが皮脂腺を活性化することが、にきびを発生しやすくするのです。
また、もうひとつの男性ホルモンであるテストステロンが、毛穴が詰まりやすくなる原因となると言われています。
つまり、アンドロゲンによりあぶらが増加し、テストステロンにより毛穴が詰まり、そのためアクネ菌が増加します。
結果として炎症を起こし、にきびができるということになります。
それに対し、女性ホルモンである「エストロゲン」には男性ホルモンをブロックする働きがあり、大人にきびを治す方法としても注目されています。
以前より、にきびを治す方法として使われてきた十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)という漢方薬があります。
この中に含まれているケイガイやカンゾウが抗菌作用を持つため、それがアクネ菌の繁殖を防ぐとされ、使われてきたのですが、最近の研究結果で新たにエストロゲンを産生する作用もあると報告されました。
ケイガイやカンゾウがアクネ菌をブロックし、エストロゲンが男性ホルモンをブロックすることになるので、大人にきびを防ぐのに高い効果があるということがわかります。
十味敗毒湯は江戸時代に考案され、発疹、じんましん、水虫など、さまざまな皮膚の病気に使われてきました。
顆粒のものと錠剤のものがあるので、自分が飲みやすい方を選ぶことができます。

コメントは受け付けていません。