「漢方薬」を大人にきびの治療に使われることがあります。
皮膚科でも漢方薬を処方するところが増えています。
大人にきびは、男性ホルモンのバランス異常、血行不良、新陳代謝不良など体の不調が原因となります。
漢方薬は、病気というよりも、弱った体の部分に対して直接作用し、異常を解消することで、大人にきびも解消しようとするものです。
体本来の持っている自然治癒力を利用した治療法です。

漢方薬と一言でいっても、様々な種類があります。
大人にきびに効果を発揮する漢方薬もいろいろあります。
人により大人にきびができた原因、弱っている箇所、体質などに違いがあるため、効果の期待できる漢方薬は違ってきます。
自分の症状、体に合った漢方薬を処方してもらう必要があります。
細菌では、一般的な医療機関でも漢方薬を処方します。
しかし最初は漢方薬を専門に扱っている皮膚科にいくのがおすすめです。
一般の医療機関では、漢方の効能について熟知しないまま処方しているところがあるからです。
漢方薬は、間違った治療法では、効果をほとんど得られません。

タイプにより改善法は違います。
男性タイプの環境、ストレスなどが原因の赤く腫れたにきび、化膿したにきび、女性の生理が関係したにきびの場合、「清上防風湯」を処方することが多いです。

漢方の中でも、にきび治療は効果がでやすいもののひとつです。
抗生物質などと違い、天然生薬でつくられる漢方薬は副作用もほぼありません。