大人ニキビを治すために潰したら、ニキビの跡が残ってしまったという経験はありませんか?しかし、ニキビを潰さずにそのままにしておいても、炎症が悪化して腫れると、その後は自然に潰れることになります。また、ニキビの炎症が悪化しているほど、潰れた後にニキビの跡が残ってしまう可能性が高くなります。

大人ニキビができる原因は、毛穴の中に皮脂が溜まって炎症を起こすことにあるので、ニキビの芯が取りやすいものは、できるだけ早く取り除くことで早く治すことができる場合もあります。

ただし、ニキビを潰して芯を取る場合は、正しいやり方を知っていないとより悪化させてしまいます。ニキビには潰しても良いものと潰してはいけないものがあり、ニキビの芯がはっきりと先端に出ているものだけが潰しても良いのです。

ニキビの芯を潰す際に必要なものは、綿棒、消毒薬、コメドプッシャー、ニキビの軟膏です。それでは、ニキビの芯の正しい潰し方の手順です。

1、潰すニキビとその周辺を消毒薬で消毒します。

2、ニキビの芯をコメドプッシャーを軽く押し当てて、芯を出します。

3、芯を出したら綿棒で毛穴に軟膏を塗ります。

押し出す時に痛む場合は、無理に押し出そうとしてはいけません。その場合は、消毒した針でニキビのある皮膚の表面を破くと、膿を押し出すことができます。しかし、一発で破くことができないと、肌を傷つけてしまうので、気を付けてください。

初期の段階で溜まった膿や皮脂を出して、炎症を防ぐことができれば、ニキビの悪化を予防することができます。そのためには、必ず正しい方法で清潔な状態で潰すようにしてください。また、ニキビの芯を潰したら、化粧下地やファンデーションを少なくても1日は付けないようにしましょう。

うまく潰す自信がない方は、皮膚科を受診すると安心です。