大人ニキビができる大きな原因には、ホルモンバランスの乱れがあります。それでは、ホルモンバランスと大人ニキビの原因とにはどんな関係があるのでしょうか?

大人にできるニキビの一因が、ホルモンバランスの異常にあるということを聞いたことがありませんか。一般的に、大人ニキビは、「エストロゲン」という女性ホルモンが減って、男性ホルモンが増えることでできやすくなるようです。

女性ホルモンのバランスが乱れる原因は、生理や更年期障害にあると言われています。生理でホルモンバランスが乱れ、大人ニキビが最もできやすい時期は、排卵後から生理までの「黄体期」です。黄体期には、皮脂の分泌を活発にする黄体ホルモンが分泌されます。そして、分泌された皮脂が毛穴に詰まることで大人ニキビになるのです。

また、女性が更年期にできる大人ニキビも、生理前にできるニキビと同様にホルモンの影響を受けています。更年期になると卵胞ホルモンが減り、黄体ホルモンが多くなります。そのため、皮脂分泌が活発になり毛穴が詰まるので、ニキビができてしまうのです。

ホルモンによる大人ニキビは、女性だけではなく男性にもできます。でも、男性にニキビができる場合、その原因はストレスです。ストレスを感じると副腎に指令が伝わり、ストレスホルモンと呼ばれるコンチゾールと、「アンドロゲン」という男性ホルモンが分泌されます。そのため、皮脂の分泌量が増えて、大人ニキビができてしまうのです。