加齢も大人にきびの原因に

Pocket

大人にきびができる原因のひとつとして、加齢が挙げられます。
年齢を重ねると、若いときに比べて新陳代謝が遅くなってきます。
すると、今までは新陳代謝によって垢として流れていた古い角質が、そのまま毛穴をふさいでしまうことになります。
毛穴に詰まった角質のせいで、その中にニキビ菌などが繁殖して、大人にきびの原因となるのです。
大人にきびを治す方法としては、しっかりとした毎日のケアが重要です。
たとえば、新陳代謝が活発になる22時から翌日の午前2時は肌に負担をかけないようにしましょう。
この時間帯は肌にとってだけでなく、体全体にとっても大切な時間帯です。
子供が成長するのもこの時間帯で、だからこそ子供は早く寝る必要があるわけです。
そのため、食事などは遅くとも20時くらいまでには済ませておきましょう。
食事の時間が遅いと、消化にエネルギーを使ってしまうため、肌に十分なエネルギーが回らなくなってしまいます。
眠る前に化粧水などで、肌にしっかりと水分補給しておくことも大切です。
また、血行をよくすることも大人にきびを治す方法として有効です。
血行がよくなれば、栄養がしっかりと体中に行き渡るため、むくみの予防にもなります。
血行促進のためには、体を冷やさないことが重要です。
特に夏場は、暑さのために冷たいものを摂りすぎることがあるので注意が必要です。
血行促進のために、ショウガや唐辛子などに含まれるカプサイシンを摂るのも良いでしょう。

コメントは受け付けていません。