乾燥肌のニキビ

Pocket

ニキビの発生についてお話してきましたが、肌の性質に応じてお手入れ方法を変えるように、ニキビ治療の仕方も変えなくてはなりません。
そこで、乾燥肌とオイリー肌についてのニキビ治療についてお話していこうと思います。
それではまず乾燥肌についてです。
乾燥とニキビとはどのような関係があるのでしょうか。
乾燥するという状態はつまり、肌の水分量が少ない状態ということです。
乾燥した肌を触ってみるとお分かりいただけると思いますが、かさかさしていたり、肌が硬くなっていたりするのを感じられるかと思います。
肌が乾燥した状態でいると、いつもは潤っているはずの角質もかさかさ状態になります。
そうすると角質が硬くなり、毛穴が小さく狭まってしまいます。
すると毛穴につまった皮脂や汚れが外に出てこれなくなってしまうのです。
毛穴は広がりすぎても狭まりすぎても良くないということです。
乾燥はお肌に良くないといいますが、こういった理由からニキビ跡を防ぐためにも乾燥は大敵なのです。
ニキビ跡予防に油分と水分のバランスが大切なのは、こういった理由からです。
季節でいえば、冬の時期が一番乾燥に悩まれるので、巷でも乾燥予防グッズなどが出てきて、割と予防されると思いますが、夏も侮れない季節です。
普通でしたら、夏はどちらかというと暑さから皮脂の分泌が増える季節です。
しかし、現在ではどこでもエアコンがかかっているのが当たり前となり、夏でも乾燥してしまう状況下にあるのです。
イメージがあまり湧かない分、夏のほうが危険かもしれません。
ですから、夏は清潔に保つこと、汗をこまめに拭くことに加え、保湿にも気を配りましょう。

コメントは受け付けていません。