乾燥が大人にきびの原因に

Pocket

思春期のにきびは、皮脂が原因でできることが大半です。
そのイメージが強いため、皮脂さえしっかりとケアしておけば、大人にきびも防ぐことができると思っている人も少なくないでしょう。
しかし、意外なことに乾燥肌も大人にきびの原因となるのです。
肌が乾燥しすぎると、防衛本能で肌は皮脂分泌を盛んにしようとします。
そのため毛穴が詰まりやすくなってしまい、それが大人にきびの原因となるのです。
また、乾燥肌は角質が硬く厚くなってしまいがちです。
これもまた、毛穴が詰まりやすくなる原因となってしまいます。
大人にきびを治す方法として、油分をしっかり補給することを心がけている人もいるでしょう。
肌が乾燥しているなと思ったら、クリームなどで油分を補っている人もいるのではないでしょうか。
しかし、これは肌にとってあまり良い方法ではありません。
こういう場合に必要なのは、まず水分です。
油分を補う前に、まず化粧水などでしっかり肌に水分を与えましょう。
その上からクリームなどを塗って、肌に補給された水分を閉じ込めてしまうのです。
にきびを防ぐのに、保湿が必要であることは確かです。
しかし、それは油分だけでまかなえるわけではありません。
むしろ油分は控えめにして、化粧水などで補った水分を逃さないために使うべきです。
ついつい使ってしまいがちなクリームですが、重要なのはやはり水分です。
その点をしっかりとふまえ、正しい大人にきびを治す方法を身につけましょう。

コメントは受け付けていません。