レーザー治療

Pocket

健康保険対象外のニキビ跡治療の最後はレーザー治療です。
レーザー治療というと、ニキビ跡以外にも広く使われていますから、身近に感じられるのではないでしょうか。
私はニキビでは行っていませんが、脱毛でレーザー治療を行っています。
レーザー治療とは、さまざまな波長のレーザーを照射することで皮膚をきれいにし、ニキビ跡を目立たなくする方法です。
レーザー治療の工程としては、まずカウンセリングをして肌質や悩みをチェックします。
そのあと実際の治療に入る前に肌質を実際に見るため、肌チェックをします。
さて大丈夫だとなったらレーザーを当てる部位に冷却ジェルを塗ります。
これはレーザーで高温になるため、肌に負担をかけないためと浸透力を高めるためです。
テスト照射を行ったあと本照射を行います。
このとき、レーザーの光で目がやられないよう目隠しをします。
ニキビ跡がひどい方、肌を若返らせたい方などにオススメです。
また、肌質が弱い方にはソフトレーザーというものもありますので、専門家に相談してみると良いでしょう。
アクネ菌の殺菌効果もありますのでニキビの再発防止にもなります。
レーザー治療の利点は肌に傷がつかないことです。
レーザーを当てるだけですので、角質を剥がしたり溶かしたりするという直接的な刺激がありませんのできれいな肌で副作用もありません。
そのためとてもオススメです。
悪い点があまりないからです。
回数はかかりますが、他の治療でも回数や時間はかかりますから同じことですし、痛みは人によってありますがパチンくらいの痛みで、ゴムで弾かれたくらいの痛みです。
私が体験したのは脱毛ですがほとんど痛みはありませんでした。

コメントは受け付けていません。