レーザー治療の種類その2

Pocket

「ブリッジセラピー」。
基本はフレクセルレーザーと同じで、皮膚に小さな穴をたくさん開けて細胞の入れ替えをしてニキビを治す方法。
ブリッジセラピーでは、点状に炭酸ガスレーザーを照射するので、より深くまで早く行き渡らせることができます。
フレクセルでは届かない深さへもレーザーが届くので、奥深くまで炎症しているニキビにはこの方法がおすすめです。
しかしその分強力で細胞の損傷も激しくなるため、皮膚が回復するのに多少時間がかかってしまいます。
施術回数はフレクセルレーザーよりも少なくなります。
目安料金は、1回80,000円~100,000円です。
「クールタッチレーザー」。
一般的なレーザーと、マイナス30℃の冷却ガスを同時に噴射してニキビを治す方法。
必要以上に肌を傷つけずに治療ができます。
一般的なレーザーだけだとレーザーの熱で肌が火傷状態になってしまいますが、冷却ガスを噴射しているため肌の表面温度を下げることができます。
傷、痛みなどを最小限に抑えることができます。
一般的にレーザー治療後に起こる肌の腫れ、かさぶたなどができにくくなるというメリットもあります。
目安料金は、1回30,000円~60,000円です。
以上のように、レーザー治療にも種類によって様々な特徴があります。
クリニックによっておすすめの治療方法も異なるため、自分のニキビにはどのタイプの治療方法があるのかカウンセリングでしっかりと確認して、受診する先を決めるようにしましょう。

コメントは受け付けていません。