レーザー治療の流れ

Pocket

実際にレーザーでニキビを治す方法について、治療の流れを紹介します。
受診するクリニックなどによって若干の違いはあると思いますが、大筋は同じだと思います。
クリニックなどへ行く前に事前予約を電話やネットで入れてから行くようにしましょう。
まずはカウンセリングを受けます。
肌状態、ニキビの具合などがはっきりとわかる方がいいため、できれば化粧をしないですっぴんで行くのがベストです。
カウンセリングをして、特にレーザー治療を行っても問題がないと判断されれば治療を受けることができます。
少しでも疑問に思うこと、不安に感じることがあれば、カウンセリングのときに聞いておくようにしましょう。
実際にニキビにレーザーを照射して治療する時間は、10分~30分くらいです。
レーザーを照射後には、クーリングを行います。
治療後に化粧をしてもいいかどうかは医師に確認してからにしましょう。
大抵の場合は、化粧をしても問題はないようです。
レーザー治療は、一度行っただけではニキビを治すことはできません。
継続して何度か受診してレーザーを照射して治していく方法です。
そのため通院するという手間もお金もかかります。
事前のカウンセリングの時点で、だいたい何回くらい通院すればニキビを完全に治すことができるのか、また料金はトータルでどれくらいかかるのか確認しておく方がいいと思います。
治療途中で不安に感じて、途中で治療を中断してしまう心配も減ると思います。
治療後は、セルフケアも大切になります。
レーザーで皮膚細胞を破壊しているので、治療後には軽い火傷状態になっています。
そのため患部をガーゼで保護したり、クリニックから化膿止めなど処方された薬を飲んだり、日焼けしないように気をつけたりしなければいけません。

コメントは受け付けていません。