レーザーでニキビ跡を治す続きその2

Pocket

レーザー治療は、もちろん、出血もありませんし、切ったり縫ったりした治療の傷跡もありませんが、人によっては照射の痛みを感じる方もいます。
痛みがデメリットと言えるかどうか、人によって違います。
痛みの感じ方は、痛みに強い人、弱い人で違ってくるので、レーザー治療は痛くないと一概には言えませんが、麻酔成分が入ったクリームを塗ることで痛みを減らすこともできます。
自分が痛みに比較的弱いという方は、事前にクリニックと相談しましょう。
反対に、デメリットとしては、一回の治療でニキビ跡がすっかり改善されるわけではないので、数回の治療が必要になります。
レーザーを当てた場所は、肌が復元するまで、紫外線を浴びてはいけません。
その間は絆創膏などでしっかりと守らなければなりませんので、治療が終わるまでの期間は、絆創膏を貼っている状態が多いので、ちょっと恥ずかしいかもしれませんね。
また、ニキビ跡だけでなく、進行中のニキビもレーザー治療をすることが出来ます。
例えば、炎症になってしまったニキビや、膿がたまってしまったものなどは、ロングパルスヤグレーザーというものを照射することで改善されます。
レーザーによって、殺菌して、炎症を鎮静させるので、それ以上、悪化させないためにも有効な治療でしょう。
照射した直後からすぐに効果が出ることが特徴で、施術後は、ニキビが目立たなくなりますが、一回の治療よりも繰り返しの施術で効果が上がります。
ニキビが悪化すれば、ニキビ跡になる可能性も高くなるので、初期段階でレーザー治療を受けることも有効でしょう。

コメントは受け付けていません。