レーザーでニキビ跡を治す続きその1

Pocket

レーザー治療は肌に刺激を与えますから、それに耐えられる肌なのかをクリニックで判断するため、テスト照射が行なわれます。
それには、テスト的にレーザーを当ててみるということも行なわれます。
レーザーの浸透力を高めてくれる効果があるジェルなどを肌に塗り、そこへレーザー照射します。
レーザーには波長がいろいろあるので、テストをすることで、その人の肌に合った波長を決めたり、レーザーの出力、強さを決めたり出来ます。
そして、何回くらいの治療で治るのか、その治療回数や、どれくらい期間を開けるのか、その間隔などを確認します。
テストでレーザー治療に何らかの問題が出てくれば、レーザーによるニキビ跡の治療は続けられません。
さて、実際にレーザーを照射する際は、光りが出ますので目にダメージがないようにアイマスクを使って保護します。
ニキビ跡の広さによって、レーザーを照射する回数が違ってきますが、料金は一回あたりの照射料金が決まっているクリニックと、幹部の大きさで料金が決まるクリニックもあります。
請求されてから「こんなはずではなかった」とならないように、事前に料金は確認しておきましょう。
レーザー治療のメリットは、病院で手術を受けるわけではありませんので、とても手軽に受けられて、日帰りで出来ることです。
また、レーザーを照射するだけなので、皮膚を切除したり、移植したりする外科手術と違い肌への負担も減らせます。
レーザーは人の体に安全な光りなので副作用の心配もありません。

コメントは受け付けていません。