ピーリングで大人にきびを治す

Pocket

肌ケアの方法のひとつとして、ピーリングがあります。
最近になって話題に出ることも多くなったので、ご存じの方も多いかもしれませんね。
ピーリングとは、乳酸、グリコール酸、サリチル酸といった薬品を用い、肌の古い角質を剥離することです。
毛穴をふさいでしまう古い角質をはがし、その下の新しい肌を表に出すことになります。
本来代謝によって徐々にすることを、薬品の力を借りて一気にやってしまう感じです。
美容整形外科などで施術してくれるところもあります。
このピーリングは、大人にきびを治す方法としても効果的です。
大人にきびの原因となるのは、硬くなった古い角質が毛穴をふさぎ、その中でアクネ菌が繁殖してしまうことです。
ピーリングを行えば、その古い角質を取り除くことができるので、大人にきびを治す方法として、非常に効果があるわけです。
もちろん効果はそれだけでありません。
まず、肌の代謝を手伝うことになるので、肌自体がキレイになり、顔全体の雰囲気も明るくなります。
さらに、にきびが治った後にできてしまうにきび跡が消えるのも、より早くなります。
また、大人にきびができたとしても、以前と比較して治りが早くなるという効果もあります。
美容整形外科で施術してもらうと少々お値段が張りますが、最近では自宅でも手軽にピーリングができる製品も販売されています。
ピーリング効果がある石けんや専用のジェルなども売っているので、まずはそれらを試してみることをお勧めします。

コメントは受け付けていません。