ハイチオールB

Pocket

CMでもおなじみのエスエス製薬から発売されている「ハイチオール」。
ハイチオールのシリーズは「ハイチオールB」と「ハイチオールC」があります。
ハイチオールCは、ビタミンC、L-システインなどが配合されているためシミやそばかすなどを治す効果があります。
ハイチオールBは、ビタミンB、L-システイン、ピリドキシン塩酸塩、リボフラビン酪酸エステルが入っているため、ニキビを治す効果があります。
ですからニキビを治す方法としては、「ハイチオールB」を選んだほうがいいということです。
ハイチオールBに入っている、L-システインには古い角質を取り去り肌細胞を正常にする働きがあります。
ピリドキシン塩酸塩、リボフラビン酪酸エステルには、脂質代謝を向上する働きがあります。
脂質の代謝が悪くなると毛穴に脂質が溜まってニキビができやすくなります。
そのため脂質の代謝を向上させることも、ニキビを治すのに効果的な方法なのです。
ニキビが軽度ならば、服用を始めてから早くて3日、長くても1週間以内にはニキビを治すことができます。
赤ニキビくらいならば、1週間から2週間で治すことができます。
ハイチオールBは薬なので当然副作用もあります。
考えられる副作用としては、発疹、吐き気、嘔吐、胃の不快感、食欲不振などが挙げられます。
ほとんどの場合副作用は感じませんが、違和感があったらすぐに服用をやめて様子を見るようにしましょう。
飲み方は、1回2錠、1日に朝夕の2回飲むようにします。
服用は7歳以上から可能です。
「ハイチオールB」は、40錠入りが802円(税込)、100錠入りが1,522円(税込)、270錠入りが3,542円(税込)となっています。
ドラッグストアなどで買えるので手軽に手に入れることができます。

コメントは受け付けていません。