ニキビ跡のクレーター続きその2

Pocket

ニキビは、手で触るとばい菌が入り化膿の原因になりますので、やたらにさわらないことです。
みなさんもご存知だとは思いますが、ニキビを早くなくしたいからと言って、つぶすことはおすすめできません。
クレーターになってしまったら、最後は皮膚科を受診したり、クリニックで処置を受けたりすることが良いでそう。
クレーターになってしまうと、治療に時間もお金もかかりますので、じっくりと時間をかけて通うことになりそうです。
ニキビ跡にならないためには、当たり前の話ですが、ニキビが出来なければ良いのです。
また、ニキビ跡がもう出来てしまった場合は、放置しておかず正しい方法で早めに対処すれば、改善できるものもあります。
長い間、放置してしまうとクレーターと呼ばれるボツボツとして凹凸のある肌になってしまうのです。
とにかく「放置しないこと」、これが大切だと言えるでしょう。
二キビは、特に同じ場所で繰り返し出来てしまうと、皮膚の下にある組織が壊されてしまいます。
結果、皮膚に穴が開くなど、二キビ跡となって残りますので、肌にこのようなダメージを与えないためにも、食生活を見直したり夜更かしをやめたりして、生活を改善してみることもおすすめします。
肌の再生する時間と言われている22時から2時までは、睡眠を取っていることが望ましいです。
さらに、これまで好きなものを食べていた方は、栄養のバランスが取れた食事をして、インスタントやジャンクフードなどをなるべく食べないようにするなどの努力が必要です。

コメントは受け付けていません。