ニキビ跡のしみ続きその2

Pocket

女性にお化粧をするなとは言えませんので、ニキビ跡を隠すにしても、せめて、皮膚呼吸を邪魔しないように工夫しなければなりません。
例えば、毛穴にしっかり入ってしまうリキッドタイプではなく、パウダーファンデーションにするなど工夫も必要でしょう。
ニキビ跡はしみだけではなく、赤みが出るという症状もありますよね。
クレーターと同じく、赤みが出てしまった場合は、治療に時間がかかりますし、そのままずっとニキビ跡が消えないというケースもあります。
赤みが出るということは、お肌に炎症が起こっていて、ダメージを受けた皮膚が修復されるまで時間がかかります。
ニキビ跡の赤みですと、長くて半年くらいはかかりますが、その間に気をつけなければならないことは、ダメージを受けた部分に紫外線を当てないことです。
皮膚組織がダメージを受けているというのに、そこへ紫外線があたってしまうと、ダイレクトに影響を受け、今度はしみとなって残ってしまいます。
紫外線による色素沈着が起こらないように、ニキビ跡の赤みは紫外線から守りましょう。
ニキビ跡のデコボコは、同じように肌が炎症を起こしている状態で、真皮の部分がダメージを受けて、凹んでしまうことで本来の肌との段差ができ、デコボコになってしまうのです。
また、出っ張りは、ニキビが治るときに、ウミがなかに入ったままで傷口が塞がることでそこだけ盛り上がってしまうのです。
このようなニキビ跡の肌のデコボコは、美容外科などで、治療を長期間に渡って受けることで改善しますが、費用も時間もかかります。

コメントは受け付けていません。