ニキビ予防には洗顔が必須。ちゃんと自分の肌に合うニキビ用石鹸を使って正しく洗顔をすれば肌トラブルが起きることは無いと思っている方も多いことでしょう。しかし、実際には洗顔料というのはあまり必要がないと言えるのです。
そもそもなぜ洗顔をしなければならないのでしょう。それは、肌に溜まった皮脂汚れやホコリなどのゴミを取り除くためです。そうすることにより、肌のターンオーバーを促し、肌を綺麗に保ちます。もちろん何もせずに放置していれば、皮脂は過酸化脂質になりますし、ゴミにより菌が増殖して肌トラブルを招いてしまいます。
洗顔は古い角質を落とすことにあるのですが、この古い角質は水で落とせます。しかし、洗顔のしすぎや肌を傷つけてしまうなどといったことがあると、肌が厚くなって古い角質が落ちなくなり、結果としてニキビなどの肌トラブルが起きてしまうのです。
つまり、もともとの洗顔をする理由は肌の古い角質を落とし、ターンオーバーを促すことになります。そうなると、ニキビ用石鹸や洗顔料が要らないことになります。肌に良かれとせっせと頻繁に洗顔を行えば、逆に肌トラブルを招いてしまいますし、どれだけ洗顔を徹底して行ってもその分肌が綺麗になるわけではありません。
ニキビがひどくて困っているという方は、1度洗顔料をやめてみてはいかがでしょう。水で古い角質を落として肌のターンオーバーを促してあげるだけで、肌はどんどん良くなります。
自分の肌を信じて試してみてください。