ニキビ用石鹸のデメリット

Pocket

ニキビが出来そうになったり、予防をしようとなると真っ先に思い浮かぶのはニキビ用石鹸ではないでしょうか。いつもの洗顔料をニキビ用石鹸に置き換えるだけとやり方は簡単ですし、多くの化粧品会社がニーズに応えて色々な種類のニキビ用石鹸を売り出しています。学生の思春期用のニキビ用石鹸や、ピーリング石鹸というものもあり、自分に合う商品が選べるのも魅力です。しかし、物によってはメリットだけではなく、デメリットも存在します。
ニキビ用石鹸は洗顔料で落としきれない古い角質や皮脂汚れを簡単に落とせます。それにより、肌のターンオーバーを妨害していたものがなくなるため、肌の治癒力に任せて元通りの肌になるわけです。
しかし、商品によりこの古い角質を落とす、洗浄力や殺菌作用が強すぎるものがあります。洗浄力が強いと肌に刺激を与えてしまい、負担がかかります。ニキビができてデリケートな肌になっているときにこのような刺激の強い石鹸を使うと、肌が炎症を起こし、逆に悪化してしまう恐れがあるのです。
また、これはピーリング石鹸に限りますが、ピーリング石鹸は角質除去を目的とした石鹸です。それ以外の保湿成分などは含まれていないものが多く、ニキビ予防やニキビ跡の再生には効果的だけど、今現在出来てしまっているニキビについてはあまり効果がありません。ピーリング石鹸でニキビの治癒も期待したいのであれば、肌を保護する成分が配合されている石鹸を選ぶといいでしょう。
ニキビを治すというメリットだけに思えるニキビ用石鹸も、デメリットが存在します。そこも踏まえたうえで、適度に取り入れていきましょう。

コメントは受け付けていません。