ニキビ用石鹸に不向きな人の特徴

Pocket

ニキビが出来てしまう原因は人それぞれ。肌質も色々な種類があり、乾燥肌やオイリー肌、敏感肌など自分の肌に合う洗顔料を見つけるのって結構大変ですよね。ニキビができたから人気のニキビ用石鹸を使おうなんて単純なものではありません。ニキビ用石鹸が不向きな肌質の人もいるのです。
ニキビ用石鹸は、主に皮脂汚れを強力に落とすものが多いです。そのため、オイリー肌の人にとってはとても助かる石鹸といえるのですが、その反対の乾燥肌の人にはどうでしょう。皮脂の分泌がもともと少ない乾燥肌にニキビ用石鹸でさらに皮脂を落としてしまったら大変なことになりますよね。ガサガサでツヤの欠片もありません。ニキビができたからといって、適当に効きそうな洗顔料を使っていてはしっぺ返しをくらいます。
自分が乾燥肌なのかわからないという方もいると思います。わかりやすい乾燥肌の見分け方は、洗顔後に肌のつっぱりを感じるかどうか。肌のつっぱりは乾燥肌ならではの特徴です。最近はつっぱりを感じさせない洗顔料も販売されていますから、もし試すときは通常の洗顔料を使用してください。
乾燥肌は皮脂が少ないということで、ニキビが出来にくいと思われがちですが、それは逆です。必要な皮脂がないため、肌のターンオーバーが抑制されて肌が汚れていきます。毛穴の詰まりも解消されないため雑菌が繁殖し、結果、ニキビを招いてしまうのです。
乾燥肌にとって肌の刺激は大敵です。ニキビ用石鹸を使用する前に、まずは脱脂効果の少ないマイルドな洗顔料に切り替えることから始めましょう、

コメントは受け付けていません。