ニキビ予防続きその1

Pocket

生理中にニキビ予防として出来ることは、やはり、洗顔で肌を清潔に保つことでしょう。
生理前や生理中に肌トラブルが出る方は多いのですが、それが終わっても、ニキビが治らないという場合は、ストレスによりホルモンバランスが崩れている可能性があります。
そうなると、体内が乾燥したり、血流が滞ったりしますので、ニキビを作らないためにもストレスをためないようにしてください。
大人の方でストレスがすぐにニキビとして出るという方も多いですし、そのままニキビ跡を増やしてしまう方もいます。
きちんと対処しないと、その度に、ニキビ跡を増やすことになりますから、清潔に保つことと、早めに治療すること、ストレスをためないことを心がけてくださいね。
皮脂が多い部分にニキビが出来やすい方は、洗顔の際、Tゾーンを二度洗いしてみましょう。
考えてみれば、皮脂の分泌が多いところが、他の肌部分と同じ洗い方でよいわけがありませんよね。
一回で落としきれない皮脂でも、ダブル洗顔でしたら落ちる可能性が大きいです。
注意点はあまりにゴシゴシしすぎて、肌にダメージを与えないように気をつけましょう。
では、洗顔をすることが出来ない状況にいる方は、どのように予防したらよいのでしょうか?
外出中や授業中、仕事中で洗顔できないときは、油取り紙でこまめに皮脂を拭き取りましょう。
わかってはいても、つい忘れてしまうことでしょうから、トレイに行ったときに、ついでに油取り紙で皮脂を取る、このような癖をつけておくとよいでしょう。

コメントは受け付けていません。