ニキビの種類

Pocket

それでは具体的にニキビの話に入っていきましょう。
まずニキビの種類は色によってもその種類が異なります。
白いニキビと赤いニキビが大きく分けてあるのですが、ご存知でしょうか。
私は両方できたことがあります。
しかし、高校時代には白いニキビが多く、今では赤いニキビのほうがよくできるように思います。
それではまず白いニキビの性質についてに入っていきましょう。
白いニキビは黒くなることがありますが、これは白いニキビが酸化して起こるものですので、性質は白いニキビのものと同じです。
前述したかもしれませんが、ニキビ跡の治療は大変困難です。
ですのでニキビのうちから治療し治してしまいましょう。
白いニキビは、場合によっては黄色く見えることもあります。
これはなぜかというと、毛穴に皮脂がたまることでできるのですが、それが膨らみ、膿が中に蓄積することで発生します。
そのため、このニキビを爪などでひっかいたりつぶしたりすると白い、または黄色い膿がぷくっと出てきます。
しかし、これはニキビ跡の原因となりますから、絶対に傷つけるようなことはしないでください。
私もよく衝動にかられてつぶしてしまうのですが、これは本当によくありません。
後悔することになるのでやめましょう。
黒いニキビはあまり起こらない、稀な症状です。
このようにいうと治療が大変に思いますが、実はこのタイプのニキビは洗顔で治すことができます。
皮脂のつまりをとり、ニキビが炎症するのを予防しましょう。

コメントは受け付けていません。