ニキビのでき方

Pocket

それではここでどのようにしてニキビができるのかについて、肌について関連してご説明していくことにしましょう。
まず、肌サイクルという言葉を聞いたことはあるでしょうか。
いろんな場面で使われることがあるこの言葉ですが、肌は28日かけて生まれ変わるといわれています。
生まれ変わるといいますが、正確には再生するといったほうが良いかと思います。
一番表面に見えている肌は、日数を重ねていくごとに古くなっていきます。
その古くなった表皮の下にある、次に肌となる細胞が押しあがり、古い表皮が剥がれ落ちるという仕組みです。
この剥がれ落ちる表皮が垢というわけです。
このサイクルが正常に行われていれば、古い表皮が落ちるので、きれいな肌へと再生していくわけですが、このサイクルが乱れると、皮脂の分泌が乱れる原因となるわけです。
皮脂の分泌が乱れ過剰になると、毛穴につまってしまいます。
そうすると毛穴に常駐しているアクネ菌がその皮脂をエサに活発になり増えていきます。
それによりニキビとなり、炎症を起こしてしまうというわけです。
私も炎症を起こしたニキビがあごのラインにできてしまい、今でもニキビ跡が残っています。
そのニキビ跡はシミのようになってしまい、気になります。
しかし、治療というほどのことはしていないですが、対処を変えてから良くなったように思います。
治療も大切ですが、その前の段階である日ごろのお手入れや肌サイクルを正常にすることをまず心がけましょう。

コメントは受け付けていません。