ニキビとホルモン

Pocket

ニキビは一度出来てしまうと、すぐには治らないですよね。
特に代謝率が落ちてしまう大人に出来る、大人ニキビは治りにくい皮膚の疾患のひとつだと言えます。
ニキビが出来ると、すぐにクリニックなどを受診する方もいらっしゃいます。
ですが、皮膚科で塗り薬を処方してもらっても、塗ればすぐに改善されるものでもありません。
皮膚科でも治療を初めてから改善されるまで、時間がかかるものです。
外からの薬や、ケア用品だけでニキビが治るわけではなく、内側からも体のケアをしていなければ、いつまでたってもニキビは治らないのです。
多くの人が、ニキビで悩んでいるなか、専用のケア用品もいろいろな商品が開発されていますし、高価なケア用品も発売されています。
また、クリニックではニキビのためのレーザー治療や、ピーリングなど、様々な施術も行われています。
ニキビ跡が残ってしまった人もいらっしゃいますし、それを消すための方法も様々ですし、ネットで調べてみても、ニキビケアに関する情報は山のように出てきますよね。
それほど、現在は、ニキビが治らないことで悩む人が多いということです。
では、どうして、ニキビは治りにくい疾患なのでしょか?
ニキビの原因は、いろいろなことがあげられますが、関係が深いものは、やはり、ホルモンでしょう。
テストステロンや、副腎アンドロゲンなどのホルモンはニキビと関係が深く、ホルモンが操作して、皮脂の分泌が増えてしまうのです。

コメントは受け付けていません。