オイリー肌のニキビ

Pocket

続いてオイリー肌にできるニキビについて見ていきましょう。
オイリーというくらいですから、このタイプの肌の人は皮脂の分泌が普通の方より多いのが特徴です。
そのため、ニキビ発生の原因であるアクネ菌が活発になるため、他の肌質の方よりニキビやニキビ跡ができやすい人ということになります。
治療をされている方も多いですから、ニキビのうちから治療をしていきましょう。
ですが、ニキビはできないことに越したことはありません。
ニキビのできにくい肌を目指しましょう。
乾燥肌の人にはオイルタイプのクレンジングはオススメしませんが、オイリー肌の方はこのタイプのクレンジングを使うのも良いでしょう。
オイルタイプのものは他のものと比べて洗浄力が強いので、肌に汚れや余分な皮脂も取り除いてくれます。
オイリー肌の方はよくあごのラインやTゾーンと呼ばれるおでこと鼻にかけてのラインによくニキビができるということはないでしょうか。
この部分は皮脂が分泌しやすいので、ニキビもできやすいのです。
そのため、このラインは特に丁寧に洗顔をすることが大切です。
ただし、クレンジングを長くやりすぎたり、クレンジングをマッサージ代わりにすることは良くありません。
反対に肌を痛めてしまうことになるのでやめましょう。
これは結構誤解されている方が多いです。
また、皮脂の分泌が多いといいましたが、取り除きすぎてしまうのもやはり良くありません。
そうすると今度は毛穴の開きをさらに大きくしてしまいます。
クレンジングでしっかり取り除き、洗顔し保湿したあとに乳液等で適度な油分を補いましょう。
肌の油分が減ると乾燥の原因にもなりますし、肌の防御作用が働き、皮脂の分泌がさらに過剰になってしまい、ニキビ跡の原因となってしまいますので気をつけてください。

コメントは受け付けていません。