アクネ菌を防ぐだけでは不十分

Pocket

大人にきびを治す方法として最も基本的なことは、普段の生活習慣をよく見直してみることです。
ストレスや睡眠不足、便秘など、一見すると肌には関係ないことが大人にきびの原因だったりもします。
そのため、より健康的な生活を送ることが、大人にきびを治す方法としても効果的です。
とはいえ、いきなり生活習慣全体を変えるというのも、なかなか難しいものです。
まずは皮脂のバランスをコントロールすることから始めましょう。
にきびのケアとしてよく言われているものに「アクネ菌を殺菌する」ということがあります。
しかしその方法では、なかなか思うように大人にきびが改善されていかないという人も多いでしょう。
人の肌には、アクネ菌と美肌菌と呼ばれるものが常在しています。
美肌菌は字の通り肌をキレイにしてくれる菌で、肌の余分な皮脂や老廃物を食べてくれます。
しかし、アクネ菌をなくすために激しい殺菌をすると、この美肌菌までが殺菌されてしまうのです。
すると当然美肌菌がなくなってしまうので、皮脂ができやすくなってしまいます。
その結果として毛穴に皮脂が詰まり、にきびができやすくなってしまうのです。
では、大人にきびを改善するために必要なことは何なのでしょう。
それはずばり「保湿」です。
保湿により肌が潤っていると、皮脂がうまくコントロールされ、毛穴が詰まりにくくなり、アクネ菌が繁殖しにくくなります。
それにより大人にきびを防ぎ、肌もキレイになるというわけですね。

コメントは受け付けていません。