にきび

Pocket

思春期になると「にきび」ができやすくなります。
中高生になって、突然顔ににきびができたという経験を持つ人も多いと思います。
しかし、にきびは思春期のものだけではありません。
大人にも「大人にきび」と呼ばれるものがあるのです。
またにきびと言えば女性がなるイメージですが、男性の場合も無縁ではなく、大人にきびに悩まされている男性も数多くいるのです。
思春期のにきびと大人にきびは、発生原因もケア方法も全く違います。
自分がどちらのにきびなのか見極めてきちんとした対策をすることが大切です。
男性のにきびができる主な原因は、男性ホルモンに関係しています。
男性ホルモンに入っている「テストステロン」が過剰分泌されることでにきびができやすくなります。
特に思春期にはこの成分がたくさん分泌されます。
そのためにきびができやすくなります。
大人にきびの場合には、男性ホルモンの「アンドロゲン」の働きによって皮脂腺が活性化されて、その結果毛穴が詰まってしまうことでできます。
毛穴が詰まると細菌感染しやすくなりにきびのつくられやすい状態となるのです。
また大人にきびの場合、仕事などによるストレスも大きく影響しています。
ストレスを抱えるような仕事、生活を送っている場合、不規則な生活環境にある場合が多く、とても肌を清潔に維持することができる状況とは言い難くなります。
大人にきびができる環境作りがされていることになります。
一度できるとなかなか治らないのが大人にきびの特徴です。

コメントは受け付けていません。