しっかりした洗顔で大人にきびを防ぐ

Pocket

思春期にできるにきびは、過剰な皮脂成分の分泌が原因にあることが多いものです。
しかし、第二次性徴期が終わる20歳頃になると、その分泌も自然に収まることがほとんどです。
それに対し、20歳を過ぎてからできる大人にきびは、人によっていろいろな原因があります。
たとえば、肌の汚れ、ストレス、睡眠不足、便秘、ホルモンバランスの乱れなどです。
大人にきびができやすい人は、今挙げたものの中に身に覚えがある人もいるでしょう。
大人にきびは、思春期のものとできる位置が違ったりするので、それに対するケアの仕方や、治す方法を知っておく必要があります。
大人にきびができる直接の原因は、紫外線によるダメージや、ターンオーバーが十分に行われないことにあります。
その結果、毛穴の出口付近の角質が厚くなり、毛穴に皮脂が詰まりやすくなってしまいます。
この皮脂を栄養源として、アクネ菌が繁殖してしまい、炎症を起こして大人にきびができるのです。
そんな厄介な大人にきびを治す方法としては、まずしっかりと洗顔することが大切です。
とにかく清潔にしなければと必要以上に力を入れてゴシゴシこすると、逆に角質層が厚くなってしまい、逆効果の場合があります。
クレンジングをする際には、洗い流せるタイプの肌触りの良いジェルやクリームで、優しく洗い流すようにしましょう。
洗顔料は十分に泡立ててから、包み込むようにして洗うのがポイントです。
また、洗顔後はしっかりと保湿することも重要です。
化粧水や乳液、クリームなどでしっかりと水分を補いましょう。
肌が潤っていると、角質層が柔らかくなって毛穴が詰まりにくくなり、大人にきびの予防になります。

コメントは受け付けていません。