美容
シミ・くすみ ニキビ しわ・エイジング 毛穴・黒ずみ 毛穴・黒ずみ

アクネケア(ニキビケア)


アクネ(ニキビ)は、皮膚の炎症性疾患のひとつで、痤瘡(ざそう)ともいいます。
アクネ(ニキビ)という名称は一般的に青年期のものに限って使われ、
成人のアクネ(大人ニキビ)は吹き出物と呼ばれます。

アクネ(ニキビ)原因


アクネ(ニキビ)は、毛穴がホルモンと細菌と皮脂の相互作用によって炎症を起こすことでできます。
皮脂が多く分泌される部位にできやすいといえます。

アクネ(ニキビ)は、皮脂を分泌する毛穴が詰まるところから始まり、
詰まった毛穴の中に乾いた皮脂や角質(死んだ細胞)がたまり、
この状態が黒ニキビ(毛穴が開いて中身が見えている状態)または
白ニキビ(毛穴が閉じている状態)と呼ばれます。

アクネ(ニキビ)治療


目的別に、治療薬の処方や生活指導が行われます。

アクネ菌の殺菌
厚くなった角質の正常化
皮脂分泌の正常化

一般的なアクネ治療は、アクネができた部位を、日に1~2回低刺激性のせっけんで洗います。
抗菌せっけんやスクラブ入りせっけんは、有用な皮膚常在菌を過剰に洗い流し、且つ皮膚を刺激し悪化させる恐れがあります。

アクネ(ニキビ)ケアは専門家による正しい治療が大切です。


アクネ(ニキビ)がひどくなる前に、皮膚科やエステで専門家に相談することが大切です。
治療が遅れることで、取り返しのつかない状態になることもあります。
自分でアクネケアする場合は、信頼性の高い製品の使用を強くおすすめします。

医療レベルの特許浸透テクノロジーを応用したb.glen


b.glen(ビーグレン)は、医療レベルの特許浸透テクノロジーを応用した化粧品です。
どんなに洗顔して清潔にしていてもニキビが改善されない。
ニキビケアの基本は洗顔とされていますが、今使っているクレンジングや洗顔料がニキビを悪化させているとしたら?

通常のクレンジングや洗顔料には洗浄力の強い《界面活性剤》が配合されています。
これらの製品は気がつかないうちに肌を守っている大切な防御機能まで取り去ってしまい、過剰な皮脂分泌を起こすことで、かえってニキビを増加させてしまうのです。

「ニキビ=しっかり洗顔」は、昔のニキビケア。

皮脂やメイクの油分などの汚れをしっかり落とすには、肌が本来持っている防御機能を守りながら、特殊精製した天然クレイの洗顔料を使うだけで、ニキビを簡単に予防できるようになるのです。

b.glen(ビーグレン)の特徴


●医療レベルの皮膚浸透テクノロジー
●365日間返金保証
●1本からでも送料無料
●b.glenのトライアルセットは、ハイ-コストパフォーマンス(たっぷり10日分)
●電話勧誘一切なし

最新記事


お父さん、お母さん、アクネケアは決まってないけど、働く喜びが分かりました

アクネケアじぶん、新発見。 繰り返す大人ニキビ……良くなったなぁと思っても、また調子が下り坂になるとフェイスラインにぽつぽつまさに、そんな大人ニキビの悩みを持っている私です( ??_?? )そんな悩み肌の救世主!ファンケルFDR アクネケア 化粧液1500円…

暴走するアクネケア

アクネケア 一生涯のパートナー ダイソーパトロールで見つけた薬用アクネケアたち!今回は、文字数の関係で、化粧水とジェルクリームをご紹介します(^-^)ダイソー薬用クリアウォッシュ、薬用アクネローション、薬用プロテクトジェルクリーム薬用クリアローション 80m…

アクネケアに見る男女の違い

アクネケアとは、意味など追求、他にも各種人気商品を取り揃えてます 私、元々乾燥肌なゆえあまりニキビとは無縁だったわけそう20代までは。ねえ、30超えるとどうして肌って変わるんだろうね涙。 こんなにお手入れしてるのに、こんなに肌キレイになりたい思って…

思春期ニキビケア商品

思春期のニキビを治す基本的な方法、それは正しい洗顔です。 パパウォッシュから発売されている商品で「piu」というシリーズがあります。 これはニキビ、肌のべたつき、美白までをトータルでケアできるスキンケア化粧品で、学生たちにも人気がある商品です。 piuには、…

思春期のニキビ

大人のニキビと思春期のニキビでは、でき方も治す方法も異なります。 思春期のニキビは、学生の頃主におでこや鼻などのTゾーンにできます。 10代の成長期にはホルモンの働きも活発になってくるため、皮脂分泌も活発に行われます。 そのためニキビができやすい状態になるので…
このエントリーをはてなブックマークに追加

最先端サイエンスコスメ b.glen 分野別リンク

シミ・くすみ
ニキビ
しわ・エイジング
毛穴・黒ずみ
毛穴・黒ずみ

ビーグレン
ランキングetc

コスメ
QRコード
このサイトは携帯にも対応しています。
RSS
RSS 1.0
RSS 2.0